麻布大観音がある曹洞宗大本山永平寺別院 長谷寺の公式ホームページです。

rekisi

rekisi

かつて「渋谷が原」と呼ばれたこの地には、古くから観音堂が建ち、奈良長谷寺の観音さまと同じ木片で造られたという、小さな観音さまが祀られ、人々に親しまれていました。

時流れて徳川家康公開府の後、この観音堂を基に補陀山長谷寺が開かれました。家康公の幼馴染みでもあった高僧、門庵宗関大和尚をご開山に2万余坪の寺領を賜ったと伝えられます。

正徳6年(1716年)2丈6尺の大観音を建立。古仏は尊像の体内にお納めし、江戸屈指の観音霊場・江戸観音霊場第22番札所として尊崇(そんすう)を集めました。

近年、戦火で消失した大観音の再建を願う人々の根強い信仰により、高さ3丈3尺、壮麗無比の御姿がよみがえりました。

幾多の災禍を越え、寺観再建が成った今、現代に生きる観音霊場長谷寺は、宗門の専門僧堂(修行道場)大本山永平寺の東京別院として、また、観音信仰の聖地として、現世利益が満ち溢れています。

大本山永平寺別院長谷寺
(だいほんざんえいへいじべついん ちょうこくじ)

  • 本尊 釈迦牟尼佛
  • 観音堂奉安 麻布大観音
  • 創建年代 慶長3年(1598)
  • 開山 門庵宗関大和尚
  • 宗派 曹洞宗
  • 御詠歌 うららかや麻布の台の長谷寺 空吹く風も法を説く声

法堂

総檜(そうひのき)造りの壮麗(そうれい)な法堂(はっとう)です。
須弥壇(しゅみだん)には、釈迦牟尼佛(しゃかむにぶつ)を中心に、文殊菩薩(もんじゅぼさつ)・普賢菩薩(ふげんぼさつ)が安置されています。
また、開山堂には道元禅師・瑩山禅師・門庵宗関大和尚の尊像が安置されています。

法堂

山門

奥に見える法堂ともに荘厳さを感じさせます。

山門

僧堂

雲水(うんすい)が坐禅(ざぜん)をする場です。文殊菩薩(もんじゅぼさつ)(聖僧)を囲むように、一人一畳ずつ与えられています。禅刹(ぜんさつ)に於いて最も重要で厳粛な修行の場です。

僧堂

鐘楼

昭和五十年に再建された鎌倉様式の鐘楼です。
鐘点役の修行僧が、一撞一礼(ひと撞き毎に礼拝)し、撞きます。

鐘楼

大庫院(だいくいん)

本堂右手にあり、寺務所・客殿・調理室を兼ね、平成元年に再建された建物です。

大庫院

観音堂

大観音像をお祀りする、間口六間二尺、奥行七間二尺の壮大な御堂(おどう)です。現代建築の粋を集めた重層入母屋(おもや)造りです。

観音堂

十一面観世音菩薩像

左手に蓮華の宝瓶を、右手には数珠をかけ錫杖を持ち、左足は半歩前進する独特の姿で、観音と地蔵両方の徳を持つとされます。
高さ三丈三尺(約10メートル)、木造として国内最大級の大観音像です。

11面観世音菩薩像

地蔵尊

十世円海本説師の代に造立された青銅の地蔵尊です。法衣の隅々にまで、多くの戒名が刻まれています。人々の祈りを身にまとい、境内にたたずんでいます。

地蔵尊

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional